日常会話

「生存本能がある。」

投稿日:2019年7月20日 更新日:

 

 

今日のフレーズ

You have the survival instinct.
(生存本能がある。)

 

使うタイミング

未知の場所で、自身の本能を頼りに生き抜いている時。

 

やり取りイメージ

Kenneth : I rode a motorcycle whilst in Indonesia. My motorcycle slipped and I fell off. Local people were trying to make me drink water but it was dirty and I didn't drink it.
(インドネシアに行った時バイクに乗ったんだけど、スリップして転倒したんだ。その時、現地の人が水を飲ませてくれようとしたんだけど、濁った水だったから飲まなかったんだよ。)

Nathalie : You had the survival instinct.
(生存本能があったんですね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、正直いつ使うんだよって思われたかもしれません。

フレーズの元は、海外旅行時の体験談から来ています。

時代や旅行先にもよりますが、私がアジアを旅行した当時はお腹を壊すから水道水は飲むなと言われていました。飲み物は開封されていないペットボトルの水や清涼飲料水にしなさいとの教えでした。
また、生野菜サラダなど水道水で洗った可能性がある食べ物も食べない方がいいとされていました。

そんな中、まだ観光地化されていない島でバイクに乗っていたところ、道の真ん中に穴が空いていて、スリップして転倒してしまうという事がありました。

転倒後、近くの村人が集まってきて、私を介抱してくれたのですが、倒れて動けない私にペットボトルに入った水を飲ませようとしてくれました。
でも、その水は濁っており、私は体中の流血や痛みなどで意識が朦朧とする中で、なんとかその水だけは飲まないようにしました。(村人の方ごめんなさい。)
とはいえ、今でもあの時見知らぬ日本人を一生懸命介抱してれた村の方には感謝していますし、人の優しさをまさに体感した経験でした。

話を本題に戻すと、instinct は 「本能」、「直感」、「生まれ持った性質」という意味です。

survival instinct で 「生存本能」と訳しています。

皆さんもどこかで自身の「生存本能」を感じた事はありませんか?

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.