日常会話 英国特有表現

「デザート(甘いもの)は別腹です。」

投稿日:

  

  

今日のフレーズ

I've still got room for desert.
(デザート(甘いもの)は別腹です。)

 

 

使うタイミング

お腹が一杯だけど、デザート(甘いもの)は食べれるって言いたい時。

  

 

やり取りイメージ

------ At restaurant ------
------(レストランにて)------

Kenneth : I'm full.
(お腹いっぱいです。)

Eva : Me too.
(私もです。)

Kenneth : Perhaps you don't want some dessert.
(もうデザートはいらないよね。)

Eva : I've still got room for dessert.
(デザートは別腹です。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、英語にはない表現です。

日本語ではよく使われますが、英語に直訳ができない言い回しです。

   

ネイティブスピーカーに説明しても、

英語でそのままの表現がないと言われます。

   

その中でも、一番日本語のニュアンスに近いのが、

今日ご紹介したフレーズです。

   

なお、I've got は I have got の短縮形です。

I have got は I have と同じ意味でイギリス英語ではよく使われます。

   

room は「部屋」という意味もありますが、

このフレーズでは「場所」、「スペース」のニュアンスになります。

   

ちなみに、日本語では、ケーキなどのデザートのことをスイーツと言いますが、

イギリスでは、ケーキなどのデザートのことをスイーツとは呼びません。

ケーキなどのデザートはあくまでもデザートと言います。

スイーツは、チョコレートやキャンディーなどの甘いお菓子類をさします。

スポンサーリンク

-日常会話, 英国特有表現

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.