日常会話

【423】「I’m glad you came. 来てくれてありがとう。」

投稿日:2020年7月29日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

I’m glad you came.
(来てくれてありがとう。)

  

 

やり取りイメージ

------ Meeting at cafe ------
------(カフェでの待ち合わせ)------

A : Hello.
(お待たせ。)

B : Hello. I’m glad you came.
(やあ、来てくれてありがとう。)

A : Did you wait long?
(けっこう待った?)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、

誰かと待ち合わせをしたり、

誰かを家に招いたりして、

相手がその場所に来てくれたときに使うフレーズです。

   

I’m glad you came.
(来てくれてありがとう。)

   

日本語で言うと、

「来てくれてありがとう。」

「来てくれてうれしいよ。」

「来てくれてよかったよ。」

というニュアンスになります。

   

日本語だと、

あまり使う機会がないかもしれませんが、

英語の「I’m glad you came.」は

あいさつのように自然に使われます。

   

ネイティブと話をしていると、

彼らは、私たち日本人と比べて、

感謝の気持ちを具体的な言葉にして

相手に伝えることが多いです。

   

なお、「I’m glad you 〜 」で、

「〜してくれてありがとう。」

「〜してくれてうれしい。」

という意味で使えます。

   

例えば、今日のフレーズの他にも、

こんな使い方ができます。

   

I’m glad you enjoyed it.
(楽しんでくれたようでうれしいよ。)

I’m glad you liked it.
(気に入ってくれたようでうれしいよ。)

I’m glad you are here.
(ここにいてくれてありがとう。)

   

また、「I’m glad to 〜」でも、

「〜してうれしい。」

「〜してよかった。」

という意味で使われます。

   

例えば、こんな感じです。

   

I’m glad to hear that.
(それを聞けてよかったよ。)

I’m glad to hear from you.
(あなたから返信があってよかったよ。)

I’m glad to see you.
(会えてうれしいよ。)

   

ちなみに「I’m glad to hear that.」は、

ネイティブとのメールのやりとりでも

頻繁に出てくる言い回しです。

   

以前の記事で取り上げていますので、

詳細はこちらからご覧いただけます。

   

     

  

   

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.