日常会話

【559】「陽が短くなっている。 The days are shorter now.」

投稿日:2020年12月12日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

The days are shorter now.
(陽が短くなっている。)

  

 

やり取りイメージ

------ Winter ------
------(冬)------

A : The days are shorter now so I can't go for a walk before or after work.
(陽が短くなってきているから、仕事の前と後に散歩に行けないんだよね。)

B : Year, that only leaves lunch time.
(そうだね、散歩に行けるのはランチタイムくらいかな。)

A : Yeah, when the weather is good, I do go for a walk at lunch time.
(そうだね、天気がいい時は、ランチタイムに散歩に行くことにしてるよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

イギリス人が好きなものと言えば、何を思い浮かべますか?

     

エリザベス女王に代表される王室、サッカーやラグビーなどのスポーツ、イングリッシュブレックファストなどの食事、音楽やミュージカル、パブなどがパッと思い浮かぶかもしれません。

       

これらも間違いではないですが、実は、イギリス人は散歩が大好きです。

    

特に近くの公園に(Local Park)に行ったり、夏はちょっと遠くの公園までピクニックに行ったりします。

    

でも冬になると陽が短くなり、朝晩は真っ暗なので、日中仕事をしている人は、なかなか散歩に行けなくなります。

    

友人のイギリス人も「冬は散歩に行けない、行けるとしても昼休憩の時間だけだよ。」ってよく嘆いてます。

      

ということで、今日のフレーズは、       

The days are shorter now.
(陽が短くなっている。)

です。

     

ポイントは、太陽が出ていることを意味する「陽(ひ)」は、「the days」と常に複数形になります。

     

単数形の「day」にはならないのでご注意を!

    

ではまた!

     

     

      

      

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.