決まり文句

【583】「声が枯れている。 I’ve got a frog in my throat. 」

投稿日:2021年1月5日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

I’ve got a frog in my throat.
(声が枯れている。)

  

     

やり取りイメージ

------ Just got up ------
------(寝起き)------

A : Hem hem... Sorry I’ve got a frog in my throat.
(えっへん、えっへん。。すみません、声がガラガラで。)

B : Would you like a glass of water?
(水いる?)

A : Yes, please.
(はい、ください。)

  

  

〜 Tea Break 〜

風邪をひいたときや、前の日に大声を出したとき、寝起きで話そうとするとき、声が枯れていて、うまく声が出せないことありませんか?

      

そんな声がガラガラになったりして枯れているって言いたいとき、今日のフレーズが使えます。

     

I’ve got a frog in my throat.
(声が枯れている。)
(声がガラガラだ。)

      

イギリス英語では「I have」(持つ)=「I’ve got」と言うことが多いです。

     

参考までに、「have a frog in your throat」を英英辞典でひいてみるとこう載っています。

     

to have difficulty in speaking because your throat feels dry and you want to cough
(喉が乾いていて咳が出そうで、話すのが難しい状態のこと。)

参照:Cambridge Dictionary

          

今日のフレーズを直訳すると「喉(のど)にカエルがいる。」になります。

     

まさに、声が枯れていて、ガラガラ声のときってカエルが喉にいるみたいだからでしょうか。

     

今日のフレーズは、自分の声が枯れているって言いたいときに使えますが、誰かの声がガラガラで咳払いしていたときには、「You’ve got a frogn in your throat.」って言うこともできます。

     

あまり外国人が知らない表現なので、日本人の私たちが、誰かの声が枯れているときなどに、さっと「You’ve got a frogn in your throat.」を言うとネイティブはきっと驚きますよ。

     

また、自分が咳払いしたときや声がガラガラのときに、今日のフレーズを使ってみてもいいですね。

     

あらためて今日のフレーズは、

I’ve got a frog in my throat.
(声が枯れている。)
(声がガラガラだ。)

でした。

     

     

      

スポンサーリンク

-決まり文句

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.