ビジネス英語

【638】「もうすぐ打合せだから、あとで連絡するね。 I’ve got a meeting in a few minutes so I’ll get back to you.」

投稿日:2021年3月1日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

I’ve got a meeting in a few minutes so I’ll get back to you.
(もうすぐ打合せだから、あとで連絡するね。)

  

     

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : Can I ask you a question?
(ちょと質問があるんだけどいい?)

B : Sorry I’ve got a meeting in a few minutes so I’ll get back to you.
(ごめん、もうすぐ打合せだから、あとで連絡するね。)

A : No worries.
(わかった。)

  

  

〜 Tea Break 〜

2021年も2ヵ月が終わり、とうとう3月ですね。

    

3月は年度末なので、どこの会社も忙しいのではないでしょうか。

     

イギリスでは先日、ジョンソン首相が6月21日を目安にロックダウンの段階的な緩和計画を発表したことで旅行予約が殺到していることがニュースになっています。

     

特にイギリス人に人気の旅行先は、スペイン、ギリシャ、トルコ。

     

イギリスは寒くて晴れの日が少ないので、「長期休暇=Holiday」(アメリカ英語だとVacation)と言えば、南の国が人気なんです。

    

イギリス人は夏休みの計画を2月、3月頃から立て始めるので、そのタイミングを狙っての発表だったのかもしれません。

      

今日のフレーズのポイント

     

仕事中、「ちょっとまたあとで連絡する。」って言いたいときってありますよね。 

    

そんなときに、ネイティブがよく使う表現が今日のフレーズです。

     

特にポイントは「I’ll get back to you.」。

    

「I’ll get back to you.」には「あとで連絡するね。」や「ちょっと考えさせて。」というニュアンスがあります。

       

でもこの「I’ll get back to you.」だけだと、「あとで連絡するね。」だけになり、ちょっと乱暴な感じになるので、その前に理由を添えて使うことが多いです。

     

今日のフレーズは、「もう打合せが始まるから」、「打合せに行かないといけないから」って言いたいときに便利な言い回しです。

      

I’ve got a meeting in a few minutes so I’ll get back to you.
(もうすぐ打合せだから、あとで連絡するね。)

     

※「I’ve got」=「I have」です。イギリス人は会話の際、「I have」の代わりに「I’ve got」を好んで使います。

      

では良い一週間を!

      

      

       

スポンサーリンク

-ビジネス英語

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.