スラング

【783】「ちょっと酔っ払っちゃった。 I’m a bit pissed.」

投稿日:

  

今日のフレーズ

I’m a bit pissed.
(ちょっと酔っ払っちゃった。)

  

     

やり取りイメージ

------ Drunk ------
------(へべれけ)------

A : You’re not walking straight. Are you ok?
(真っ直ぐ歩いてないけど、大丈夫?)

B :  I think I’m a bit pissed. I had one beer too many.
(ちょっと酔っ払っちゃったかな。飲み過ぎちゃった。)

A : Don’t puke up.
(吐かないでよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

ひどくお酒に酔っ払って千鳥足になったり、酔い潰れている状態のことを「へべれけ」って言いますよね。

     

実はこの「へべれけ」の由来はギリシャ神話なんです。

     

「へべれけ」は、ギリシャ神話に出てくる「へーべーのお酌」という意味のギリシャ語「ヘーベー・エリュエケ」が短縮されたもの。

     

「へーべー」とは、ギリシャ神話に出てくる青春をつかさどる女神の名前です。

     

美しい女神「へーべー」にお酌してもらった神々が喜んでお酒を飲み干し、酔っ払ってしまったことから来ているんだそうです。

     

ギリシャ神話の女神「Hebe」(へーべー)

      

さて、今日のフレーズは、スラングです。

    

「酔っ払った。」=「I’m drunk.」ですが、イギリス人はスラングで「I'm pissed.」と言うことがあります。

    

イギリス人いわく、「I'm pissed.」は「very very common word, strong slung」(本当によく使われていて、強いスラング)です。

    

スラングなので、目上の人ではなく、親しい間柄の友人に使うのがいいでしょう。

      

ちなみに、アメリカ人が「I'm pissed.」と言うと、「I'm angry.」(怒っている。)と同じ意味になるので要注意です。

       

ということで、あらためて今日のフレーズは、

I’m a bit pissed.
(ちょっと酔っ払っちゃった。)

でした。

     

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

      

       

      

スポンサーリンク

-スラング

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.