日常会話

【831】「やりすぎだね。 It's overkill.」

投稿日:2021年9月10日 更新日:

  

今日のフレーズ

It's overkill.
(やりすぎだね。)

  

     

やり取りイメージ

------ At home ------
------(家にて)------

A : Goth look that started in the UK mainly allows black cloth, hair and make-up.
(イギリスで始まったゴスって主に、黒い服、黒い髪、黒い化粧なんだよね。)

B : Yeah in my opinion, the use of black is overkill.
(そうだね、個人的には、黒の使い方がやりすぎだと思う。)

A :  I agree it’s not an easy look to maintain.
(わかる。メンテナンス大変そうだよね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

「ゴス」って聞いたことありますか?

   

「ゴス」とは、イギリス発祥で1980年代に流行ったサブカルチャーです。

     

具体的には、黒を基調とした化粧やファッションをすることを指します。

    

百聞は一見にしかずなので、一つ写真を載せてみます。

      

        

黒のメイクで、黒い洋服やカバンを身に付けていますね。

     

もっと過激な写真もありましたが、刺激が強かったので、マイルドな一枚を選びました笑!

     

現代で見かけることはほぼありませんが、1980年代のイギリスではよく見たそうです。

     

今日のフレーズのポイント

    

「overkill」: (行動などの)やりすぎ、過剰

【発音】: óuvərkìl | オウヴァ(ー)キル

      

much more of something than is needed, resulting in less effectiveness

    

例文)

Should I add an explanation, or would that be overkill?

     

参照: Cambridge Dictionary

     

必要以上な状態で、結果として非効率な状態を指すんですね。

      

イギリス人に簡単な英語っだとなんて言うのか?って聞いてみたところ、

「overkill」=「too much」=「not necessary」

だよって教えてくれました。

     

わかりやすいですね。

     

ということで、あらためて今日のフレーズは、

It's overkill.
(やりすぎだね。)

でした。

    

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

     

     

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.