日常会話

【939】「じゃあ、いただきます。 Go on then.」

投稿日:2021年12月27日 更新日:

  

今日のフレーズ

Go on then.
(じゃあ、いただきます。)

  

     

やり取りイメージ

------ Dessert ------
------(デザート)------

A : Would you like another slice of apple pie?
(アップルパイもう一切れどう?)

B : Go on then.
(じゃあ、いただきます。)

  

  

〜 Tea Break 〜

たとえば、友人・家族でレストランに行ったり、食卓を囲んでいるとき、テープルやキッチンに食べ物がまだ残っているときありませんか?

     

そんなとき、誰かが、「これもうちょっと食べない?」って勧めてくることってありますよね。

     

まさにそんなタイミングで、今日のフレーズが使えます。

     

「Go on then.」【イディオム】 : じゃあ、いただきます。

      

英英辞典でも「Go on then.」の意味を調べてみましょう。

     

1. informal 

Sure; I accept.

     

例文)

A: "Would you like some more cake?" 
(もっとケーキ食べない?)

B: "Hmm, I'm supposed to be on a diet. Oh, go on then, give me another slice."
(うーん、ダイエット中なんだけど。。。じゃあ、いただきます。もう一切れちょうだい。)

       

2. informal 

Proceed; go ahead.

    

例文)

Well, go on then—open the envelope and see what the letter says!
(よし、じゃあ、封筒を開けて、手紙になんて書いてあるか見てみよう!)

     

参照: The Free Dictionary

      

「いいよ。」、「その提案を受け入れるよ。」という意味と、「進めよう。しちゃいなよ。」という意味があるんですね。

     

イギリス人にも「Go on then.」の使い方を聞いてみたところ、

=It means ok when you are accepting an offer

=Something smaller, something you physically receive, more for physical thing

=Use a lot for food and drink

と言っていました。

    

つまり、「OK」と同じ意味で、何かの提案を受け入れるときに使えるフレーズであり、何か小さいもの(特に食べ物・飲み物)を物理的に受け取るときに用いられることが多いんですね。

       

また、この「Go on then」は「Informal, used to accept the offer」なので、提案を受け入れるときに、親しい間柄の人に使えます。

     

*Informal = you have to know the person quite well

   

ということで、あらためて今日のフレーズは、

Go on then.
(じゃあ、いただきます。)

でした。

     

イギリス人曰く「Good English」なので、ぜひ使ってみてください。

     

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

      

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.