日常会話

【1081】「今度会おうよ・遊ぼうよ。 Let's meet up soon.」

投稿日:2022年5月18日 更新日:

  

今日のフレーズ

Let's meet up soon.
(今度会おうよ。)
(今度遊ぼうよ。)

  

     

やり取りイメージ

A :  It would be great to catch up.
(近況報告できるといいね。)

B :  I agree, let's meet up soon. When are you free?
(そうだね、近々会おうよ。いつ空いてる?)

A : I'm free this Saturday, how about you?
(今週土曜日空いてるけど、どう?)

  

  

〜 Tea Break 〜

「遊ぼうよ。」って言いたいとき、英語で「Let's play.」と表現しないってことは有名ですよね。

 

アメリカ英語だと「Let's hang out.」と表現しますが、イギリス英語だと今日のフレーズ「Let's meet up.」が一番自然です。

 

ちなみに「Let's chill.」と言うこともありますが、こちらはイギリスでは若者が使う表現です。

 

「Let's meet up.」の方が「More age neutral」なので、使う人の年代に関係なく使える便利な一言です。

 

今日のやりとりイメージにも出てきていますが、誰かに会おうよって声をかけたいときは、

「Let's meet up soon. When are you free?

「Let's meet up when you are free?」

「Let's meet up. Let me know when you are free.」

のいずれかが自然な言い回しです。

 

今日の表現は、カジュアルな響きを持つので、親しい間柄の友人・同僚に使うことが一般的です。

 

また、文語としても口語としても両方で使えます。

 

誰かを誘うときは、携帯のメッセージのやりとりが多いので、その際によく使われます。

 

このフレーズは、とても一般的なので、ネイティブであれば自然に使っていますし、使用頻度も高い「Good to know」(知っていると役に立つ)言い回しでもあります。

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.