日常会話

【1147】「私が覚えている限りずっとこんな感じだった。 It’s been like that since I can remember.」

投稿日:2022年7月23日 更新日:

Elegant houses in a small exclusive mews with cobble stone street in South Kensington, London, UK

  

今日のフレーズ

It’s been like that since I can remember.
(私の覚えている限りずっとこんな感じだった。)

  

     

やり取りイメージ

A : How long has that building been abandoned?
(あの建物どのくらい放置されているのかな?)

B : No idea. It's been like that since I can remember.
(わからない。私が覚えている限りずっとそんな状態だね。)

A : Amazing. It looks like ghosts live there.
(そうなんだ!幽霊が住んでそうだね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

ロンドンには古い建物が多くあります。

 

私の住んでいる建物も築100年くらい経っていますが、内装はきれいになっているので、そこまで生活に不便さは感じません。

 

ちなみに、この前日本人の友人から「イギリスの建物は幽霊が住んでいる物件は価値があって、家賃高いって聞いたけど本当?」と聞かれました。

 

実際のところは、そんなことはありません。

 

なぜこのような都市伝説が日本で信じられているかわかりませんが、イギリスにおいて、幽霊が住んでいると噂があるような物件は、避けられる傾向があるためか、空き家になっているものが多くあります。

 

さて、今日のフレーズは、一見簡単に見えますが、知らないとなかなか即座に出てこない表現です。

 

そのまま覚えて、会話の中で自然と出てくるようにしておくといいかもしれません。

 

この表現は、「Neutral」(中立的)なので、カジュアルな場面でもビジネスシーンでも両方で使えます。

 

また、使用頻度は高くありませんが、ネイティブであれば自然と使う「Good to know」な言い回しです。

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.