プロフィール

筆者名

ブルース(Bruce)
(海外で現地人からつけられたニックネームです。
彼らにはアジア人の私がブルース・リーに見えたようです。)

   

出身

日本の中部地方。純日本人です。

      

趣味

スポーツ全般:スポーツをするのも、観るのも大好きです。特に欧州サッカーに目がありません。

ハイキング:週末は郊外によく出かけます。イギリスの田舎の景色を見ると心が癒されます。

旅行:海外旅行に年に2回ほど行きます。マイルを貯めるのも好きです。

   

普段の仕事

会社員を10年以上やっています。あっという間に10年過ぎました。まさかここまで長く続くとは思っていませんでしたが、意外と楽しんでやってます。

   

自己紹介&ブログのコンセプト

私は「帰国子女」でも、外国人と日本人のいわゆる「ハーフ」でも、「バイリンガル」でもありません。

また、高校時代の英語の成績も至って普通でした。

でも、大学時代に英語を独学で勉強したことにより、TOEIC930点取得、世界中に100以上の拠点のあるグローバル企業に新卒で就職。

その後、部長として英国ロンドン駐在を5年以上任せてもらえるようになりました。

先ほど少し触れましたが、高校時代、英語はどちらかというと得意な科目ではありませんでした。

しかしながら、大学時代にアメリカ留学を決意したことをきっかけに、自分なりに工夫して勉強してきました。

当時は「駅前留学」という言葉が流行っていましたが、私は典型的な「お金はないが時間はある」大学生でしたので、どうしたら英語が話せるようになるのか、毎日、自分なりに試行錯誤していました。

ですので、日本で生まれ育った日本語しか話せない日本人として、ほぼゼロから英会話力を磨いていく際の気持ちや苦労がよく分かります。

「トライ&エラー」を繰り返して達した結論の一つは、英会話力を伸ばすための秘訣は3つあるということです。

1つ目は「ネイティブの英語フレーズをそのまま覚えてしまうこと」

2つ目は「覚えるときにどんな状況で使うのかをイメージしておくこと」

3つ目は「実際に声に出して使ってみること」です。

「でも近くにネイティブスピーカーもいないし、何を覚えたらいいの分からない?」という疑問が湧いてくるかもしれませんが、安心してください。

学校では教わらない英国人のネイティブスピーカーが話す「生きた英語フレーズ」をこれまでコツコツと記録してきました。

また、現在も日常生活で新しい実践的な英語表現を常に学んでいます。

このブログでは、英国人のネイティブスピーカーとの日常会話やビジネスを通して、「この表現は使える」、「知っておいた方が良い」と考えるネイティブが使う自然な英語フレーズを紹介していきます。

このブログがあなたの英語力向上のサポートになれば幸いです。

投稿日:2019年6月4日 更新日:

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.