ビジネス英語 日常会話 決まり文句

「話が逸れる。/話が脱線する。」

投稿日:

  

  

今日のフレーズ

I go off on a tangent.
(話が逸れる。/話が脱線する。)

 

 

使うタイミング

話をしていて、急に当初の話題から逸れてしまった時。

  

 

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

Nathalie : It is hard to understand what he says.
(彼が何を言っているのか理解するのが難しいです。)

Kenneth : Yes, it is. Mainly because he is always going off on a tangent.
(そうですね。いつも話が逸れることが主な原因でしょうね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、決まり文句(イディオム)です。

話をしていて、急に話題が逸れる事ってありませんか?

人が話している時もそうですが、自分が話をしている時にも起こる事があると思います。

そんな時、今日のフレーズが使えます。

例えば、自分が話をしていて、急に話題が逸れてしまったと思ったら、今日のフレーズを過去形にすればOKです。

I went off on a tangent.
(話が逸れちゃった。)

このフレーズが使えるとネイティブっぽい感じになります。(笑)

きっとネイティブに感心されますのぜひ試してみてください。

   

なお、英英辞典では、以下の通り説明されています。

to suddenly start talking or thinking about a completely new subject.
(全く新しいテーマについて急に話したり、考えたりする事。)

ちなみに tangent の意味は

形容詞だと、「(数学用語の)接線の」、「(一点で)接した」、「(接しているが)交差しない」、「(話題などが)ずれた、無関係の」になります。

名詞の場合、「(数学用語の)接線」、「(議論などの突然の)脱線、逸脱」、「(測量、側線)の直線空間」といった意味があります。

今日のフレーズは完全な決まり文句ですので、このまま覚えてしまいましょう。

スポンサーリンク

-ビジネス英語, 日常会話, 決まり文句

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.