日常会話

「ステーキの焼き加減はどうなさいますか?」

投稿日:

  

  

今日のフレーズ

How would you like your steak cooked?
(ステーキの焼き加減はどうなさいますか?)

 

 

使うタイミング

英国のレストランなどでステーキを頼んだら、店員から焼き加減を訊かれる。

  

 

やり取りイメージ

------ In a restaurant ------
------(レストランにて)------

Waitress : Are you ready to order?
(注文をお伺いしてもよろしいですか?)

Kenneth : Yes, I am. Can I have the steak please?
(大丈夫ですよ。ステーキをください。)

Waitress : How would you like your steak cooked?
(ステーキの焼き加減はどうなさいますか?)

Kenneth : I would like it medium rare, please.
(ミディアムレアにしてください。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、ほぼ決まり文句です。

英国などの英語圏のレストランでステーキを頼むと、

店員が今日のフレーズを使ってステーキの焼き加減を訊いてきます。

   

実際全ての単語を聞き取ることができなくても、

会話の流れで何となく

「ステーキの焼き加減」を訊かれているのだなと分かると思いますが、

このフレーズを知っていると確実に意味が理解できるので、

自信を持って返答できます。

   

今日の言い回し以外にも、別の訊かれ方をすることがあります。

フレーズが少し異なりますが、同じ意味です。

例えばこんな感じです。

How would you like it cooked?

How would you like your steak?

How would you like your steak done?

How would you like it done?

   

ウェイターからの質問に対して、以下のように簡単に返答してもOKです。

Medium rare, please.
(ミディアムレアにしてください。)

   

なお、ステーキの焼き加減はおおよそ以下の通りです。

rare(レア)

medium rare(ミディアムレア)

medium(ミディアム)

well-done(ウェルダン)

この他にもたくさんの焼き加減の状態がありますが、

店員から提案があるのはこの4つであることが多いです。

   

ちなみに、店員に焼き加減のオススメを訊くと、

英国では大半の店で、medium rare を薦めてきます。

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.