ビジネス英語 日常会話

【313】「I save some money for a rainy day. いざと言うときのために貯金している。」

投稿日:

  

  

今日のフレーズ

I save some money for a rainy day.
(いざと言うときのために貯金している。)

 

 

使うタイミング

まさかの事態に備えてお金を貯めると言いたい時。

  

 

やり取りイメージ

------ Won the lottery ------
------(宝くじが当たった)------

A : I won £50,000 the other day.
(この前、宝くじで 50,000ポンド(約700万円)当たったよ。)

B : Wow! Lucky you. What are you going to do with it?
(すごい!ついてるね。どうするの?)

A : I will save it for a rainy day.
(いざという時のために貯金するよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、決まり文句(イディオム)です。

   

「save(something) for a rainy day」【イディオム】

: いざという時のために蓄えておくもしもの時に備えてとっておく

   

「save (something) for a rainy day」は直訳すると

「雨の日のためにとっておく」になります。

   

雨の日は働けない、困難な日なので、

そういう時に備えて、

お金を貯めておくというニュアンスです。

   

参考までに英英辞典を引いてみると、

「a rainy day」は「雨の日」という意味もありますが、

「将来、お金が必要になる時」

という意味もあると解説されています。

   

なので、(something) には

主に「money」(お金)関連の単語が入ります。

   

今日のフレーズでも、(something) に

「money」(お金)を入れて、

「I save some money for a rainy day.」

としています。

  

スポンサーリンク

-ビジネス英語, 日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.