英国特有表現

【880】「インフルエンザの予防接種をする。 I'm gonna get a flu jab.」

投稿日:2021年10月29日 更新日:

  

今日のフレーズ

I'm gonna get a flu jab.
(インフルエンザの予防接種をする。)

  

     

やり取りイメージ

------ A flu jab ------
------(インフルエンザの予防接種)------

A : This year the government is predicting many cases of flu.
(今年、インフルエンザが流行るって予測されているよね。)

B : To be safe I’m gonna get a flu jab.
(念のためにインフルエンザの予防接種するよ。)

A :  That’s very wise. Me too.
(それは賢明だね。私もしようと思う。)

  

  

〜 Tea Break 〜

あなたはインフルエンザの予防接種を受けていますか?

    

このインフルエンザの予防接種の費用。

    

日本では健康保険で一定額カバーされますが、イギリスではカバーされません。

     

その代わりと言っていいかわかりませんが、イギリスでは50歳以上になると無料で接種できます。

    

50歳に到達した知人は、今年から毎年無料で接種できると喜んでいました。

    

今日のフレーズのポイント

    

「a flu jab」: インフルエンザの予防接種

     

「flu」【名詞】: インフルエンザ

     

「jab」【名詞】: 鋭い突き。(ボクシングの)ジャブ。皮下注射。(ワクチンの)予防接種。

【発音】: dʒǽb | ジャブ

     

英英辞典でも「jab」の意味を調べてみましょう。

    

UK informal

(US informal shot)

an injection 
(注射)

     

(例文)

a flu jab
(インフルエンザの予防接種)

You'll need some jabs if you're going to Egypt.
(エジプトに行くなら、いくつかの予防接種が必要だよ。)

   

参照: Cambridge Dictionary

     

予防接種のことをアメリカ英語の口語だと、「shot」と呼びますが、イギリス英語の口語の場合「jab」と言うんですね。

     

イギリス人に「a flue vaccination」って言わないの?って聞いたら、「vaccination」って言葉は強い意味になるので使わない、「a flu jab」を使うと言っていました。

     

また、「jab」【動詞】は「するどく突き刺す」という意味があります。

    

なので、たとえば、誰かが指で突ついてきたときには、

「Stop jabbing me with your finger.」
(指で突つかないでよ!)

って言うこともできます。

     

ということで、あらためて今日のフレーズは、

I'm gonna get a flu jab.
(インフルエンザの予防接種をする。)

でした。

    

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

     

スポンサーリンク

-英国特有表現

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.