英国特有表現

【950】「考え事してた。 I was miles away.」

投稿日:

  

今日のフレーズ

I was miles away.
(考え事してた。)
(ぼんやりしてた。)
(心ここにあらずだった。)

  

     

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : Hello!
(おーい!)

B : Sorry I was miles away.
(ごめん、ちょっと考え事してた。)

A : A penny for your thoughts?
(何考えてたのか教えて。)

  

  

〜 Tea Break 〜

道路の制限速度。

     

日本ではキロメーター表示ですが、イギリスではマイル表示になっています。

    

たとえば、日本の高速道路にあたるような、「Motorway」(モーターウェイ)では時速70マイル(時速112キロメーター)といった具合です。

     

※1km=1.6mileです。

    

この「mile」(マイル)を使った表現が今日のフレーズです。

     

I was miles away.
(考え事してた。)
(ぼんやりしてた。)
(心ここにあらずだった。)

     

「be miles away」: 心ここにあらずの状態、上の空である、ぼんやりしている

      

英英辞典でも「be miles away」の意味を調べてみましょう。

           

※Mainly UK
(主にイギリスで使われる)

      

to not be conscious of what is happening around you because you are thinking about something else:

     

You could tell by the expression on her face that she was miles away, thinking about home.

      

参照: Cambridge Dictionary

      

イギリス人にも「I was miles away」の意味を確認したところ、

=It means I was thinking deeply about something else.

と言っていました。

      

つまり、「何か別のことを考えているため、今目の前で起きていることに意識が向いていない状態」を指すのですね。

      

「be miles away」を直訳すると「何マイルも離れている」になり、そのイメージから、「今の状況から心が離れている状態」というニュアンスなのでしょう。

      

今日のフレーズは、「Neutral」(中立的)な表現なので、ビジネスシーンでもカジュアルな場面でも使えます。

     

また、「Conversational」な言い回しなので、文語ではなく口語として使うことが多いです。

     

では、また明日のフレーズでお会いしましょう!

       

スポンサーリンク

-英国特有表現

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.