日常会話

【991】「連絡してね。 Drop me a line.」

投稿日:2022年2月17日 更新日:

  

今日のフレーズ

Drop me a line.
(連絡してね。)

  

     

やり取りイメージ

------ Talking with a friend ------
------(友人との会話)------

A : I know you’re really busy but drop me a line when you have a moment.
(忙しいってのはわかってるけど、時間できたら連絡してね。)

B : Sure, will do.
(もちろん、連絡するね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズはそのままで決まり文句です。

  

「Drop someone a line.」: 手紙を書く、一報する

  

英英辞典でも「Drop someone a line.」を調べてみましょう。

  

 to write a short letter or email to someone

 

参照: Longman

 

イギリス人にも「Drop me a line.」の意味を確認したところ、

=Contact me.

=Get in touch. 

=Give me call.

=Text me.

と言っていました。

 

「連絡してください」と言いたいとき使えるんですね。

 

また、連絡手段は、電話でもメッセージでもどちらでも使えます。

 

なお、「Get in touch.」と「Drop me a line.」の違いはなんでしょうか?

 

「Get in touch」は少しフォーマルな響きですが、「Drop me a line.」はインフォーマル・カジュアルな言い回しなので、親しい間柄の家族・友人・同僚に使うことが多いです。

 

なお、自分から「連絡するね。」と言いたいときは、

「I'll drop you a line.」

と表現すればOKです!

 

ということで、今日のフレーズは、

Drop me a line.
(連絡してね。)

でした。

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.