ビジネス英語

【1023】「(その業界の)景気がいい。 The business is booming.」

投稿日:2022年3月21日 更新日:

  

今日のフレーズ

The business is booming.
((その業界の)景気がいい。)

  

     

やり取りイメージ

------ Dog sitters ------
------(ドッグシッター)------

A : Now that workers are returning to their offices, there is a huge need for dog sitters.
(会社員がオフィスで働くようになってきたから、ドッグシッターのニーズが激増しているよね。)

B : Yes, I know that business is booming. So many people got a dog for the first time during the pandemic.
(そうだね、その業界の景気いいよね。パンデミックの間に、たくさんの人が犬を飼い始めたから。)

A : I wouldn’t mind that job...
(ドッグシッターの仕事、興味あるな。。。)

  

  

〜 Tea Break 〜

ロンドンでは在宅勤務をしていた会社員がオフィスに戻って働くようになり、ドッグシッター(犬の世話をする人)のニーズが高まっています。

 

イギリスでは元々、犬や猫を飼う人が多いですが、このパンデミックの間に在宅の時間が増えたためか、犬を飼う人が増え、その人たちが会社に行くときに、ドッグシッターに預けるという需要が生まれているんです。

 

今日のフレーズのポイント

 

「booming」【形容詞】: (市場・企業などが〕好景気の、活況の、成長著しい

【発音】: búːmiŋ | ブーミング

 

英英辞典でも「booming」の意味を調べてみましょう。

 

increasing or becoming successful and producing a lot of money very quickly:

 

Business is booming at the moment.
(今景気がいい。)

High-end designers are chasing the booming children's-wear market.
(ハイエンドのデザイナーは、好調な子供服市場を狙っている。)

 

イギリス人にも「booming」の意味を確認したところ、

=To be growing fast and doing very well

=It’s often used in business or about a sector

とのこと。

 

つまり、とても早いスピードで成長していて、経済的に成功している状態なんですね。

 

ここで、「The business is booming.」と「Business is booming.」の違いは何か?って気になるかもしれません。

 

答えは、

「The business is booming.」=何か特定の業界や会社の景気が良いとき

「Business is booming.」=自分のビジネス、自分が勤めている会社や業界の景気が良いとき

という違いがあります。

 

意味合いが異なりますが、どちらもよく使うフレーズです。

 

今日のフレーズは、Neurtralなので、カジュアルに親しい間柄の人に使うこともビジネスで使うことも両方できます。

 

また、Conversationalなフレーズであるため、文語ではなく、口語で使われることが多いです。

 

使用頻度は「soso」(普通)くらいですが、「Good to know」(知っていると役に立つ)言い回しなので、ぜひ覚えてくださいね。

 

ということで、あらためて今日のフレーズは、

The business is booming.
((その業界の)景気がいい。)

でした。

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

-ビジネス英語

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.