英国特有表現

【1073】「ごみ出しておいて。 Can you chuck the rubbish out?」

投稿日:2022年5月10日 更新日:

  

今日のフレーズ

Can you chuck the rubbish out?
(ごみ出しておいて。)

  

     

やり取りイメージ

------ At home ------
------(家にて)------

A : Our friends are arriving soon and the place is still a mess.
(もうすぐ友達が着くのに、家の中が全然片付いていないよ。)

B :  I know, I need your help. Can you chuck the rubbish out.
(そうね、ちょっと手伝ってほしいな。ごみ出しておいてくれない。)

A : Sure, let me know what else I can do.
(いいよ。他にもできることがあったら言ってね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、イギリス英語特有の表現です。

 

「chuck 〜 out」: 〜を外に捨てる

 

「rubbish」: ごみ

 

「chuck the rubbish out」: ごみを捨てる

 

イギリス人にも「Can you chuck the rubbish out?」の意味を確認したところ、

=Take the rubbish out from the home and put it in the external bin.

とのこと。

 

イギリスのごみ出しは日本と違って、決められた場所に持っていくのではなく、各々の家の外(敷地内)に大きなごみ箱を設置していて、そこに捨てて、収集日に歩道に出しておけば、ごみが回収されるシステムになっています。

 

「chuck the rubbish out」とは、家の中のごみを外にある収集用の大きなごみ箱に捨てる、ということを意味します。

 

つまり、日本でいうところのごみ出しです。

 

参考までに、今日のフレーズ「Can you chuck the rubbish out?」を別の言い方でいうと、

「Can you throw the rubbish out?」

になります。

 

ちなみに、「(家の中のごみ箱に)ごみを捨てておいて」はイギリスとアメリカでは言い方が違います。

 

イギリス:「Can you chuck(put) this rubbish in the bin?」

*「bin」=ごみ箱

 

アメリカ:「Can you put this trash in the can?」

*「trash」=ごみ

*「can」=ごみ箱

 

今日のフレーズは、カジュアル(親しい間柄の家族や友人)に使える口語表現です。

 

イギリスの日常生活ではよく使わる「Good English」でもあります。

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

-英国特有表現

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.