日常会話

「痛そうですね。」

投稿日:2019年7月23日 更新日:

 

 

今日のフレーズ

That looks painful.
(痛そうですね。)

 

使うタイミング

誰かが怪我などをして痛そうに見える時。

 

やり取りイメージ

Kenneth : You're limping. That looks painful. What happened with your leg?
(足ひきづっていて、痛そうですね。どうしたんですか?)

Trian : I worked out too much this morning.
(今朝ジムで筋トレをし過ぎました。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、なかなか知らないと出てこないフレーズかと思います。

怪我をしたり、痛そうにしている人に向けて、「痛そうですね」と言う時に、ネイティブは今日のフレーズを使います。
もう決まり文句と言ってもいいくらいです。

英国でのコミュニケーションの取り方の話になりますが、怪我をしていたり、痛そうにしている人に話しかける時に、いきなりどうしたのか理由を尋ねるのではなく、まずはこのフレーズを使って会話をスタートしてから理由を訊くと丁寧で一般的かもしれません。

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.