ビジネス英語 日常会話 決まり文句

「この上なく誇りに思う。/最高に誇りに思う。」

投稿日:

  

  

今日のフレーズ

I couldn't be prouder.
(この上なく誇りに思う。)

 

 

使うタイミング

得意の絶頂。本当に誇りに思う時。これ以上なく最高に誇りに思う時。

  

 

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

Nathalie : What do you think of your parents?
(あなたは両親のことをどう思っていますか?)

Kenneth : I couldn't be prouder of them.
(この上なく誇りに思っています。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、決まり文句です。

素直に誰かや何かを「最高に誇りに思う」ときに使えます。

   

couldn't が使われているので、否定の意味かと思うかもしれませんが、

このフレーズに否定の意味はありません。

   

couldn't  + 比較級 で 

「今の状態からこれ以上になることはない。」

「もっと 〜 になることはない。」

という意味になります。

つまり、

「最高に 〜 です。」

「これ以上なく 〜 です。」

というニュアンスの言い回しになります。

   

例えば、以下のような使い方ができます。

I couldn't be prouder of you.
(私はあなたのことをこの上なく誇りに思います。)

I couldn't be better.
(私は最高の状態です。)

I could't be happier.
(私は最高に幸せです。)

I couldn't agree more.
(私は大賛成です。)

I couldn't be more interested in it.
(私はそれにこの上なく興味があります。)

It couldn't be better.
(最高です。)

It couldn't be worse.
(最低です。)

   

紛らわしいかもしれませんが、

何度も繰り返して言葉にして覚えてしまいましょう。

スポンサーリンク

-ビジネス英語, 日常会話, 決まり文句

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.