ビジネス英語 日常会話 決まり文句

「彼はとても喜んだ。(クリスマスツリーのように明るくなった。)」

投稿日:2019年12月25日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

He lit up like a Christmas tree.
(彼はとても喜んだ。(クリスマスツリーのように明るくなった。))

 

 

使うタイミング

誰かがとても幸せそうで、明るい雰囲気になった時。

  

 

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

Kenneth : I got my nephew a Christmas present.
(甥にクリスマスプレゼントをあげたんですよ。)

Nathalie : Wow, he must have been happy.
(彼は喜んだんじゃないですか。)

Kenneth : Yes, he lit up like a Christmas tree.
(彼はとても喜んでました。(クリスマスツリーのように明るくなった。))

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、クリスマスにちなんだ表現です。

   

この季節になるとよく見かけるクリスマスツリーは、

カラフルな飾り付けやライトアップによって

明るく幸せな雰囲気を作り出していますよね。

   

今日のフレーズは決まり文句でもあり、

「to light up like a Christmas tree」で、

まさに誰かがライトアップされたクリスマスツリーのように

明るく幸せなオーラを出している時のことを表します。

   

言い換えると、誰かが「very happy」な時、

今日の言い回しが使えます。

   

なお、「lit」は「light」の過去形です。

   

「light up」で 

「ライトアップする。」

「明るくなる。」

「晴れやかになる。」

「顔色がパッと明るくなる。」

という意味の動詞になります。

   

では、よいクリスマスを!

   

   

~ YouTube ~

この記事は、YouTubeから動画で視聴いただけます。

YouTube版では、この記事の内容を日本語と英語の音声で解説しています。

また、英国人ネイティブスピーカーの補足パートも特別に収録しています。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

-ビジネス英語, 日常会話, 決まり文句

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.