ビジネス英語 日常会話 決まり文句

【231】「I was put on the spot. (厳しい質問がきて)困った。/タジタジになった。」

投稿日:2020年1月19日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

I was put on the spot.
((厳しい質問がきて)困った。/タジタジになった。)

 

 

使うタイミング

会議などで厳しい質問にさらされて、

「当惑した」、「困った」、「タジタジになった」

と言いたい時。

  

 

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : How did the meeting go?
(会議どうでしたか?)

B : I was put on the spot in the meeting. My boss asked me many questions that I couldn't answer.
(会議で厳しい質問が来て困っちゃいましたよ。上司からたくさん答えられない質問がきたんですよ。)

A : That must've been tough.
(それは大変でしたね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、慣用句(イディオム)です。

      

仕事中、会議などで厳しい質問にさらされて、

困ってしまうことはありませんか?

そうなった時は冷や汗ものですよね。

   

また、誰かが厳しい質問を受けて

タジタジになっている場面をみることもあるかもしれません。

   

もしくは、一般的な会話でも、

子供が親に対して

「サンタクロースっている?」と質問して

親が困ってしまうことがあるかもしれません。

   

そんな状況を英語で言いたい時、

今日のフレーズが使えます。

   

put someone on the spot

「(厳しい質問などで)誰かを困らせる/タジタジにさせる/当惑させる」

という意味です。

   

例えば、以下のような使い方ができます。

You really put me on the spot.
(あなたは私を本当に困らせている。)

Don't put me on the spot.
(困らせないでよ。)

I'm sorry to put you on the spot.
(困らせちゃってごめんね。)

    

なお、

今日のフレーズとは関係ありませんが、

「on the spot」 は、

「その場で」、「即座に」という意味もあります。

   

He liked the house so he made an offer on the spot.
(彼は家を気に入ったので、その場ですぐに買い付けを入れた。)

スポンサーリンク

-ビジネス英語, 日常会話, 決まり文句

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.