日常会話

【446】「You poor thing. かわいそうに。」

投稿日:

  

  

今日のフレーズ

You poor thing.
(かわいそうに。)

   

   

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : I couldn’t sleep very well last night.
(昨晩よく眠れなかったんだよね。)

B : You poor thing.
(かわいそうに。)

A : I’m going to have a nap.
(昼寝するよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

イギリスも日本も最近暑い日が続いていますよね。

    

夜になっても気温があまり下がらず、

暑くてなかなか眠れないことってありませんか?

    

例えば、誰かが夜眠れなかったんだよねって言った際、

「かわいそうに」と返答したいとき、

今日のフレーズが使えます。

    

「You poor thing.」
(かわいそうに。)
(気の毒に。)
(残念だったね。)

    

なお、「Poor thing.」だけでも、

同じ意味で使えます。

   

「poor」と聞くと、

「貧しい」、「お金がない」

という意味が有名です。

   

「poor」のコアイメージは、

「少ない」、「乏しい」になり、

「何かが欠けている」という

ニュアンスの単語です。

   

「You poor thing」は、

深刻でヘビーな感じに使うのではなく、

ちょっとした残念なことがあったときに

カジュアルに使う言い回しです。

   

例えば、

・転んでちょっと擦り傷ができた。

・家への帰り道、雨が降ってきて少し濡れた。

・夜よく眠れなかった。

というときに軽い感じで使います。

   

カジュアルに使う言い回しなので、

目上の人に使うことがないフレーズで、

友人や年下に使います。

   

なお、

「You poor guy.」

「You poor girl.」

「That's too bad. 」

「I really feel for you. 」

も「You poor thing.」と同じように、

「かわいそうに」

「気の毒に」

というニュアンスで使えるフレーズです。

      

    

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.