ビジネス英語

【466】「進展があり次第、連絡いたします。 I’ll keep you posted.」

投稿日:2020年9月10日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

I’ll keep you posted.
(進展があり次第、連絡いたします。)

    

    

やり取りイメージ

------ something to report ------
------(報告)------

A : That’s all I have to tell you about this subject for now.
(今のところ、この件についてお伝えすることは以上です。)

B : Understand.
(了解。)

A : I’ll keep you posted.
(進展があり次第、連絡いたします。)

  

  

〜 Tea Break 〜

仕事において日本では「報告・連絡・相談」

いわゆる「ホウレンソウ」が大事って言われますよね。

   

イギリスでも上司・同僚との

コミュニケーションは必須です。

     

私もイギリス人の上司・同僚に定期的に

「ホウレンソウ」を行っています。

     

「ホウレンソウ」は、一回したら終わりではなく、

その後の状況を、必要に応じてアップデートしていきますよね。

     

今日のフレーズは、

誰かに何かを「ホウレンソウ」した後に、

「今後も随時、進捗アップデートします。」

と言いたいときに使えます。

   

I’ll keep you posted.
(進展があり次第、連絡いたします。)
(何かあったら、すぐにお伝えします。)
(随時、アップデートします。)
(また逐次、お知らせします。)
(逐次、連絡します。)

    

なんで「post」なの?

ポストってあの郵便ポストのこと?

って思われたかもしれませんが、

「post」にはこんな意味があります。

    

「post」【他動詞】:(人に)(最近の)情報を知らせる

【名詞】:郵便物(イギリス英語)

   

確かに「post」(ポスト)【名詞】=「郵便物」って

何か最新の情報を知らせるためにありますよね。

    

英語面から解説をしますと、

「keep 〜 posted」で、

「〜を最新の情報を知っている状態にしておく。」

というニュアンスになるので、

「keep you posted.」で

「あなたに逐次連絡します。」

という意味になるんですね。

    

なお、今日のフレーズは、

「I’ll keep you posted.」ですが、

「I’ll keep you updated.」も同じ意味です。

    

参考までに、誰かに対して、

「逐次、アップデートしてください。」

と伝えたいときには、

「Please keep me posted.」

「Please keep me updated.」

と言うこともできます。

   

さいごに、

今回の解説はビジネスシーンを

想定した感じになりましたが、

日常会話で「じゃあまたね!」

と言って会話をしめくくりたいとき、

「何か変わったことがあったら、ちょくちょく連絡してね。」

というニュアンスを含めて、

「Keep me posted!」

「Keep me updated!」

を使うこともあります。

    

スポンサーリンク

-ビジネス英語

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.