日常会話

【477】「日が近くなったらお互い連絡取り合おう。 Let’s text each other closer to the date.」

投稿日:2020年9月21日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

Let’s text each other closer to the date.
(日が近くなったらお互い連絡取り合おう。)

  

 

やり取りイメージ

------ Meeting up with a friend ------
------(友人との会う約束)------

A : Do you fancy a drink next Friday after work?
(来週の金曜日、仕事のあと飲みに行かない?)

B : Sure, I’d love to! But I might have work that day. Is that still ok?
(いいね、行きたい。でも仕事入っちゃうかも、それでも大丈夫?)

A : Okay. Let’s text each other closer to the date.
(わかった、じゃあ、日程が近づいたらお互い連絡取り合おう。)

  

  

〜 Tea Break 〜

誰かと会う約束をしているけど、

まだお互い具体的な時間を決めきれないときってありませんか?

    

そんなとき、会う予定の日が近づいて来たら、

お互い連絡を取り合って、具体的な日時を決めていこう

って言うことってありますよね。

      

それを英語で表現したのが今日のフレーズです。

    

Let’s text each other closer to the date.
(日が近くなったらお互い連絡取り合おう。)

    

今日のフレーズのポイントは「text」です。

    

「text」って聞くと、

「文章」、「教科書」を思い浮かべるかと思います。

    

「text」には「文章」、「教科書」という意味もありますが、

動詞として使うと「メールをする」、「連絡する」

という意味もあります。

    

特にネイティブは携帯で連絡するときに、

「I’ll text you.」(連絡するね。)、

「Text me.」(連絡してね。)、

を使います。

    

「text」【動詞】はもともと

携帯のショートメッセージを送ることを指していましたが、

今では「連絡する」という広い意味で使われています。

   

ちなみに、

「メールをするね」=「I’ll email you.」

「メッセージするね」=「I’ll message you.」

ということもできますが、

感覚的には「I’ll text you.」を使う人が多い気がします。

   

特に友人同士で携帯でやりとりするときには、

ネイティブは「text」を好んで用いています。

    

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.