日常会話

【526】「彼に連絡しておくよ。 I’ll drop him a line.」

投稿日:2020年11月9日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

I’ll drop him a line.
(彼に連絡しておくよ。)

  

 

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : We need to ask Tom about this matter.
(この件、トムに聞いてみないとね。)

B : Ok, I’ll drop him a line.
(そうだね、彼に連絡しておくよ。)

A : Great. Let me know what he comes back with.
(ありがとう。彼がなんて言ってるか教えてね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

この前、イギリス人と会議をしていたら、その会議にいない人に確認をしなければいけないことが出てきました。

    

そのとき、イギリス人の同僚が、今日のフレーズを使ってきました。

    

I’ll drop him a line.
(彼に連絡しておくよ。)

    

「drop someone a line」【イディオム】:(誰かに)連絡をしておく、一報を入れておく、一筆書き送っておくよ。

    

「drop someone a line」は、もともと「誰かに手紙を送る。」という意味でしたが、今では、電話やメールなどで連絡する際にも使われています。

    

英英辞典ではこのように解説されています。

  

to send a short letter to someone  

参照:Oxford Learners Dictionaries

      

今日のフレーズ以外にもこんな使い方があります。

    

Drop me a line when you get there.
(着いたら、連絡して。)

     

Drop me a line when you get a chance.
(時間があるとき、連絡してね。)

      

When you have some problem, please drop me a line.
(何か困ったら、連絡ください。)

    

「drop someone a line」は、ネイティブが会話でよく使う言い回しです。

    

あらためて今日のフレーズは、

I’ll drop him a line.
(彼に連絡しておくよ。)

でした。

    

ではまた次回のフレーズでお会いしましょう!

      

      

       

      

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.