日常会話

【599】「冷静でいられなかった。 My thoughts were all over the place.」

投稿日:2021年1月21日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

My thoughts were all over the place.
(冷静でいられなかった。)

  

     

やり取りイメージ

------ Difficulty ------
------(辛いこと)------

A : After losing my father, I couldn’t concentrate on anything. My thoughts were all over the place.
(父親がなくなった後、何も手につかなかった。冷静でいられなかったんだ。)

B : That must’ve been really hard for you.
(それは辛かったね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

辛いことがあったとき、冷静さを保てなかったり、ものすごく忙しいとき、テンパってしまうことってありますよね。

     

そんなとき今日のフレーズが使えます。

     

My thoughts were all over the place.
(冷静でいられなかった。)

      

今日のフレーズのポイントは、「all over the place」です。

     

「all over the place」は日本語にするのが難しい表現ですが、「取り乱している、冷静でない、パニクっている、テンパっている」という意味があります。

    

「all over the place」=「いろいろなところにいる。」→「まとまっていない」→「取り乱している、冷静でない。めちゃくちゃだ。」というニュアンスになります。

     

人が主語になるときは、その人が「取り乱している。冷静でない。」、つまり不安定な状態であることを表現します。

    

例文はこんな感じです。

     

He is all over the place.
(彼は取り乱している。)

    

物が主語になるときは、そのモノゴトが「散らかっている。そこら中にある。」という意味で使われます。

  

There were dirty dishes and cloths all over the place.
(汚れたお皿と洋服がそこら中に置いてある。)

    

ちなみに、「しっかりしろ。」、「冷静になれ。」という意味で、「Pull yourself together.」と言います。

     

「all over the place」が「あちこちにあってまとまっていない。」、「取り乱している。」であるのに対して、「Pull yourself together.」で「自分自身が一つの場所にある。」、「精神状態が統一されている。」、「散らかっていない。」というニュアンスで使えるんです。

     

ということで、あらためて今日のフレーズは、

My thoughts were all over the place.
(冷静でいられなかった。)

でした。

   

      

       

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.