ビジネス英語

【611】「PCトラブルで、オンラインミーティング、10分遅れます。 I’m having some problem on my laptop. Will be 10 mins late for our call.」

投稿日:2021年2月2日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

I’m having some problem on my laptop. Will be 10 mins late for our call.
(PCトラブルで、オンラインミーティング、10分遅れます。)

  

     

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : Are we still on for today?
(今日予定通りですか?)

B : I’m having some problem on my laptop. Will be 10 mins late for our call.
(PCトラブルで、オンラインミーティング、10分遅れます。)

  

  

〜 Tea Break 〜

ロンドンでは、2020年3月以降、多くの会社で在宅勤務が続いています。

     

あまりにも激動すぎで、あっという間でしたが、もうそろそろ1年近くになるんですね。

     

仕事の環境も変化して、これまで会議室で行っていた打合せは、オンラインで「Teams」や「Zoom」などのツールを使って開催しています。

      

はじめの頃は、慣れない環境で、ネットやソフトウェアのトラブルが相次いでいましたが、最近はそういった問題も少なくなってきました。

    

とはいえ、ネットワークやパソコン、ソフトウエアってトラブルがつきものだったりしますよね。

     

この前もイギリス人の同僚とオンライン打合せをする際、いつもは時間通りに接続してくる同僚が5分経ってもアクセスしてこなかったので、「どうしたのかな?」と思っていたら、今日のフレーズで連絡をしてきました。

     

I’m having some problem on my laptop. Will be 10 mins late for our call.
(PCトラブルで、オンラインミーティング、10分遅れます。)

       

今日のフレーズのポイントは3つあります。

     

1つ目のポイントは「laptop」です。

     

「laptop」は日本語で言うと、「ノートパソコン」のことです。

    

ノートパソコンって言っても、英語では通じませんのでご注意を!

      

日本でも最近は「ノートパソコン」のことを「ラップトップ」っていう人、増えてきましたよね。

    

「lap」が「太もも」という意味なので、まさに「lap」=「太もも」+「top」=「上」→「太ももの上」において使うパソコンっていう呼称なんですね。

      

2つ目のポイントは、「mins」です。

     

「mins」は「minutes」=「分」の短縮形になります。

    

メールなどで記載するときには「minutes」と長く綴るのではなく、「min」と短く書くことが多いです。

     

3つ目のポイントは「call」です。

     

「call」と聞くと「電話する」、「呼ぶ」が真っ先に思い浮かぶと思いますが、今日のフレーズの中では「オンライン通話・会議」を指しています。

     

英語では「Web会議」、「オンライン会議」のことを、「ウェブミーティング」、「オンラインミーティング」と言うよりは、「call」と呼ぶことが多いです。

     

ということで、あらためて今日のフレーズは、

I’m having some problem on my laptop. Will be 10 mins late for our call.
(PCトラブルで、オンラインミーティング、10分遅れます。)

でした。

     

     

    

スポンサーリンク

-ビジネス英語

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.