ビジネス英語

【680】「一度通しでやってみよう。 Let’s do a practice run.」

投稿日:2021年4月12日 更新日:

  

今日のフレーズ

Let’s do a practice run.
(一度通しでやってみよう。)

  

     

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : I think we are ready for tomorrow but I’d like to check.
(明日の準備は万端だと思うけど、確認しておきたいな。)

B : Let’s do a practice run.
(本番前に練習しておこう。)

A : Lets do it.
(そうだね、やろう。)

  

  

〜 Tea Break 〜

イベントや会議の本番前に、一度練習しておきたいところですよね。

     

そんなとき今日のフレーズが使えます。

     

Let’s do a practice run.
(一度通しでやってみよう。)
(本番前に練習しておこう。)
(リハーサルしよう。)

      

「practice run」: 試運転、予行演習

     

参考までに今日のフレーズを別の英語で言うと「Let’s go though everything.」になります。

    

まさに、全てを「go through」(ざっとやり通す)というニュアンスになります。

      

ちなみに、本番前の練習のことをリハーサルって言いますが、リハーサルは英語でも「rehearsal」です。

     

「rehearsal」は名詞なので、「リハーサルをしよう」って動詞で言いたいときは、「Let’s rehearse!」でOKです。

     

イギリス人によると、「rehearsal」(リハーサル)という英単語はあくまでも、芝居・舞台の俳優・女優が演目の事前練習をすることを指す用語なので、仕事などの事前練習は今日のフレーズ「Let’s do a practice run.」を使う方が適しているということです。

     

それでは、良い一週間を!

      

     

       

スポンサーリンク

-ビジネス英語

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.