日常会話

【769】「2倍の値段だ。 It costs twice as much as usual.」

投稿日:2021年7月10日 更新日:

  

今日のフレーズ

It costs twice as much as usual.
(2倍の値段だ。)

  

     

やり取りイメージ

------ Chocolate ------
------(チョコレート)------

A : I bought these chocolate as a gift for you at the airport.
(空港でチョコレートのお土産買ったんだ。)

B : Thank you. They must be much more expensive.
(ありがとう。すごく高かったんじゃない。)

A : You’re right. It cost twice as much as usual.
(そうだね、普通の倍はしたよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

ロンドンの物価。

    

スーパーで食材を買う分にはさほど高いと思いませんが、外食は高いなぁと感じます。

     

例えば普通のラーメン、一杯1500円くらいします。

    

日本では800円くらいで美味しいラーメンが食べられるのに。。。って思っちゃいますが、日本から遠く離れた異国の地でラーメン食べれるだけでも恵まれてるって自分に言い聞かせてます笑。

     

本当に日本の外食のレベルは高いと思います。

     

値段が高くて美味しいものは、イギリスにもありますが、安くて美味しいものを多いのが日本の特徴だなぁと思います。

     

イギリス人に向けて日本旅行の良さをアピールした文章を読むと、外食が安くて美味しいと謳っているくらいです。

    

寿司、天ぷらといった王道だけなく、ラーメン、カレー、餃子、たこ焼き、ちゃんぽん、お好み焼き、とんかつ、そば、丼もの、焼きそば、各種定食などなど、本当にいろんな美味しい料理がリーズナブルな値段で食べれますよね。

     

以前日本に一時帰国したとき、私は日本食をたくさん食べたくて、朝5時くらいに東京について、6時にはカツカレーを食べに行きました。(カツカレー好きなんです。)

    

そうしたら、長時間フライトの疲れが溜まっていたからか、朝早すぎたのか、胃もたれを起こし、結局その日はランチもディナーを食べれず、まさかの一食だけになってしまったという悲しい思い出があります。

      

本当はランチに汁なし坦々麺を食べて、夜はうなぎって計画していたのですが。。。

     

さて、今日のフレーズは覚えておくと便利な言い回しです。

     

It costs twice as much as usual.
(2倍の値段だ。)

   

「twice」の部分を「three times」、「four times」に変えれば、「3倍の」、「4倍の」という意味になります。

     

また、イギリス人は、最後に「as usual」を付けずに「It costs twice as much.」だけを使うこともあります。

      

ちなみに「cost」の過去形と過去分詞は「cost」です。

    

なので、上のやりとりイメージの中の「cost」は過去形として使われています。

    

ということで、また明日のフレーズでお会いしましょう!

     

     

      

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.