日常会話

【832】「仕方ないね。 I just have to get used to it.」

投稿日:2021年9月11日 更新日:

  

今日のフレーズ

I just have to get used to it.
(仕方ないね。)

  

     

やり取りイメージ

------ At home ------
------(家にて)------

A : Since working from home, my neighbours’ floorboards have started to creak.
(在宅勤務してるので、隣人の床がきしむんだよね。)

B : That must be really annoying.
(それって気になるよね。)

A : Yep but I just have to get used to it.
(そうだね、でも仕方ないね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

ロンドンで何回か引越しをしていますが、以前住んでいた家の床一面、カーペット(絨毯)で覆われていました。

     

それまではフローリングの家にしか住んだことなかったので、最初はカーペットの家に住むことに抵抗がありましたが、住んでみると冬でも床が冷たくないので裸足で歩けて快適でした。

     

また、フローリングの床よりもカーペットの方が優れている点としては、カーペットが歩く音を吸収するので、下の階や隣の部屋の人に足音などで迷惑をかけることがないんです。

     

なお、液体をこぼすと悲劇ですが、ホコリなどが舞いづらいく、カーペットもいいなと暮らしていて実感しました。

     

今日のフレーズのポイント

         

「just have to 〜」: 〜するしかない。〜しなければ仕方ない。とにかく〜するしかない。

     

「get used to 〜」: 〜に慣れる

      

今日のフレーズ「I just have to get used to it.」を直訳すると、「ただ慣れるしかない。」になるので、「仕方ない。」が自然な日本語になります。

     

何かが自分の力では変えることができず、ただ慣れるしかない、仕方ないって言いたいとき、使ってみてくださいね。

     

ということで、あらためて今日のフレーズは、

I just have to get used to it.
(仕方ないね。)

でした。

     

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

     

追伸:以前の記事で取り上げた「我慢するしかないね。」も今日のフレーズの意味とほぼ同じです。

      

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.