日常会話

【852】「のどがカラカラに乾いた。 I’m parched.」

投稿日:2021年10月1日 更新日:

  

今日のフレーズ

I’m parched.
(のどがカラカラに乾いた。)

  

    

 

やり取りイメージ

------ Pub ------
------(パブにて)------

A : Great to see you again. Can I get you a drink?
(会えて嬉しいよ。何飲む?)

B : God yes. I’m parched. A pint would be perfect.
(飲む飲む。のどがカラカラだよ。ビールがいいな。)

A : Hang on a sec.
(ちょっと待っててね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

夏の暑い日に外出したときや、ジムでトレーニングした後など、喉が乾きますよね。

     

「喉が渇いた!」は英語で「I'm thirsty.」と言うのは有名ですが、この「喉が渇いた!」よりも、もっと喉が渇いているとき、「喉がカラカラだ!」と言うかと思います。

     

この「喉がカラカラに渇いている。」を英語では「I'm parched.」と表現します。

     

「parched」【形容詞】: (暑さのために)渇いた、乾燥した。(地面などが)干上がった、乾き切った。喉がカラカラに渇いた。

【発音】:  pɑ́rtʃt | パァチトゥ

     

意味1)

dried out because of too much heat and not enough rain:

      

例文1)

It was the height of summer and the land was parched and brown.

    

       

意味2)

extremely thirsty:

    

例文2)

I must get a drink - I'm absolutely parched!

      

参照: Cambridge Dictionary

      

意味2)にあるように「めちゃくちゃ喉が渇いた!」と言いたいときに使えるんですね。

     

イギリス人にも「I'm parched.」の意味を確認したところ、

「I'm parched.」=「I'm very thirsty.」

だと言っていました。

     

この「I'm parched.」は会話で使われるカジュアルな言い回しであり、イギリス人いわく「Good English.」なので、ぜひ覚えて使ってみてださい。

     

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

       

追伸: 今日のやりとりイメージで出てきた「pint」はイギリス英語で「1パイントのビール」(568ml)のことを指します。

      

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.