日常会話

【879】「よかったね! Good to hear that!」

投稿日:

  

今日のフレーズ

Good to hear that!
(よかったね!)

  

     

やり取りイメージ

------ New job ------
------(新しい仕事)------

A : I’ve finally found a job.
(とうとう仕事見つけたよ。)

B : Good to hear that. I’ll take you for a drink after your first day.
(よかったね!じゃあ、最初の出社日の後に飲みに連れてくよ。)

A : Looking forward to it.
(楽しみにしてるね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

最近、コロナ禍で失業していた知人が、とうとう仕事につけることになりました。

     

その朗報を聞いた別のイギリス人が「それはよかったね!」と、今日のフレーズを使っていました。

    

Good to hear that!
(よかったね!)

    

Good to hear」 : 良い知らせだ、朗報だ

   

※「Good to hear that.」はネイティブがカジュアルに友人や家族に向けて使う一言です。

     

イギリス人に「Good to hear that.」の意味を聞いたところ、

「Good to hear that.」=「I’m happy to hear what you just told me.」

とのこと。

     

つまり、相手が言ったことに対して、自分が嬉しいときに使うフレーズなんですね。

     

ちなみに、

「That's great.」

「Brilliant.」

「Glad to hear that.」

「I'm glad to hear that.」

も同じ意味です。

     

「That's great.」と「Brilliant.」は「Good to hear that.」よりもカジュアルなフレーズです。

     

そして「Glad to hear that.」、「I'm glad to hear that.」は「Good to hear that.」よりも少しフォーマルな響きがあると同時に、嬉しさをより多く表現している言い回しです。

     

なお、「Good to hear that.」は、「Good to hear.」でもOKです。

     

ちなみに「It's good to hear that.」でも意味は通じますが、ネイティブは「Good to hear that.」、「Good to hear.」の方をよく使います。

     

今度、相手からいいニュースを聞いたとき、「That’s great.」ではなく、「Good to hear that.」を使ってみてはいかがでしょうか。

    

では、また明日のフレーズでお会いしましょう!

     

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.