スラング 英国特有表現

【970】「その話はもういいよ。 Don't keep banging on about it.」

投稿日:2022年1月27日 更新日:

  

今日のフレーズ

Don't keep banging on about it.
(その話はもういいよ。)
(もういいよ。)
(しつこく話すのやめて。)

  

     

やり取りイメージ

------ Dentist ------
------(歯医者)------

A : You really need to go and see the dentist.
(歯医者に行ってみてもらった方がいいよ。)

B : You’ve had this toothache for ages.
(ずっと歯が痛いって言ってるじゃない。)

A : Don't keep banging on about it. You know I hate going to the dentist.
(もうそんなにしつこく言わないでよ。私が歯医者が嫌いって知ってるでしょ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズのポイントは「bang on」です。

    

「bang on」【句動詞】: しつこく(とめどなく)話し続ける。強くたたく。その通り、全く正しい。

   

「bang on about」: 〜についてしつこく(とめどなく)話し続ける

     

英英辞典でも「bang on」について調べてみましょう。

     

*UK informal disapproving

     

to talk about something for a longtime, especially in a way that is boring to other people

     

My parents are always banging on about how much better life was 20 years ago.

     

参照: Cambridge Dictionary

      

イギリス人にも「bang on」の意味を確認したところ、

=To keep talking about something as in repeat way

=You’re a bit bored in a conversation but it’s about something that the person is very interested in

と言っていました。

   

相手が飽きてきているのに、何か自分が興味あることを長く繰り返し話し続けることなんですね。

    

「bang on」はイギリス英語特有のスラングです。

     

ちなみに、今日のフレーズは否定文ですが、肯定文の場合はこんな感じになります。

     

She is always banging on about her vegan diet.
(彼女はいつも自分のヴィーガンダイエットについてしつこく話してくる。)

     

ということで、あらためて今日のフレーズは、

Don't keep banging on about it.
(その話はもういいよ。)
(もういいよ。)
(しつこく話すのやめて。)

でした。

     

今日のフレーズはイギリス人曰くよく使う言い回しですので、ぜひ使ってみてください。

    

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

      

スポンサーリンク

-スラング, 英国特有表現

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.