英国人のユーモア 英国特有表現

【1030】「(冗談が)全くウケなかった。 That went down like a lead balloon.」

投稿日:2022年3月28日 更新日:

  

今日のフレーズ

That went down like a lead balloon.
((冗談が)全くウケなかった。)

  

     

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : He started off his speech with a really bad joke.
(スピーチの初めのジョーク滑ってたね。)

B : Yeah I heard it went down like a lead balloon.
(うん、全く受けてなかったって聞いたよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズのポイントは、「go down like a lead balloon」です。

  

「go down like a lead balloon」: (冗談が)全くウケなかった。(話が)失敗する。(話が)通じない。効果がない。

  

「lead」: 鉛(なまり)

【発音】: léd | レドゥ

  

「balloon」: ゴム風船、気球

【発音】: bəlúːn | バルーン

 

「go down like a lead balloon」の意味を英英辞典でも調べてみましょう。

 

If something that you say or show to people goes down like a lead balloon, they do not like it at all.

 

My joke about the alcoholic went down like a lead balloon.

 

参照: Cambridge Dictionary

 

イギリス人に「That went down like a lead balloon.」の意味を確認したところ、

=They didn’t like what you said.

と言っていました。

 

つまり、「(誰かの言ったことが)ウケなかった、失敗に終わった、通じなかった」という意味になるんですね。

 

「That went down like a lead balloon.」がなぜ、ウケなかった・失敗に終わったになるのでしょうか?

 

イメージとしては、「順調に飛んでいた風船が、鉛のように重たくなって急に落ちてしまった。」と言う感じでしょうか。

 

まさに自分が言ったことがウケたかなと思っていたら、全くウケなかった、大失敗に終わったっていう感じですね。

 

今日のフレーズは、誰かが言ったことが、ウケなかったり、不発に終わったときに使えますが、自分のジョークがすべってしまったとき、小さい声で言ってもOKです。(そうやって使うのも自然です。)

 

「go down like a lead balloon」はちょっとユーモラスなイギリス英語特有表現であり、文語ではなく会話で使われます。

 

そして、イギリス人曰く、「Good to know」な一言でもあります。

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

-英国人のユーモア, 英国特有表現

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.