ビジネス英語 日常会話

【1095】「今振り返ると、別のやり方があったと思う。 With hindsight, I would have done it differently.」

投稿日:2022年6月1日 更新日:

  

今日のフレーズ

With hindsight, I would have done it differently.
(今振り返ると、別のやり方があったと思う。)

  

     

やり取りイメージ

A :  I like the colours you've painted your flat with, especially the black accent wall.
(あなたの家の新しい壁色いいね、特に、黒のアクセントになっている壁が素敵ね。)

B : With hindsight, I would have done it differently. A more neutral colour and no black.
(今になって考えると、もっと別のやり方があったんじゃないかって思うんだ。もっとニュートラルな色で、黒じゃない色が良かったかなって。)

A : Well, I think you've done something amazing here.
(でも、私は今の色合い、いいと思うよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

何かの出来事を振り返って、今になって考えると、こうしたら良かったんじゃないかって思うことありませんか?

 

そんなとき使えるのが今日のフレーズです。

 

「With hindsight」: 後から考えれば、後から振り返ると、今になって考えれば、結果論だが、

 

イギリス人にも「with hindsight」の意味を確認したところ、

=with the knowledge you have after the event

とのこと。

 

つまり、「出来事の後の知識で考えると」というニュアンスなんですね。

 

「hindsight」の語源を探ってみると、「hind」=「後ろ」、「sight」=「見る・眺め・光景」なので、「後から見ると」というイメージになるのでしょう。

 

今日のフレーズは、「Neutral」(中立的)な表現なので、カジュアルな場面でもビジネスシーンでも両方で使えます。

 

使用頻度は普通くらいですが、「Good to know」な表現なので、ネイティブでない私たちが使ったらきっと驚かれる言い回しです。

 

さいごにイギリス人の発音はこちらからどうぞ!

 

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

-ビジネス英語, 日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.