日常会話 決まり文句

「半々にしましょう。/割り勘にしましょう。」

投稿日:

  

  

今日のフレーズ

Let's go halves.
(半々にしましょう。/割り勘にしましょう。)

 

 

使うタイミング

何かの費用を半々で支払いたい時。

  

 

やり取りイメージ

------ At the restaurant ------
------(レストランにて)------

Kenneth : I will treat you tonight.
(今日はおごります。)

Nathalie : Let's go halves.
(割り勘にしましょう。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、決まり文句です。

go halves で「半々にする。」、「折半にする。」、「割り勘にする」という意味です。

何かの利益や費用を折半にしたい時に使えます。

ちなみに、halves は half の複数形です。

   

他にも Let's split the bill.  で「割り勘にしよう」というフレーズになります。

こちらもよく使われる表現です。

Let's go dutch.  と言うと習ったかもしれませんが、この表現はあまり聞きません。

Dutch は 「オランダ人の、オランダの」という意味です。

Let's go dutch. は、

大航海時代(Age of Discovery)に世界の海の覇権を争った

イギリスがライバルのオランダの悪口(ケチ)として

言い出したところから始まったと言われています。

オランダ人を軽蔑するような表現になってしまうので、

今ではあまり使われていない言い回しです。

   

今では、Let's go halves. か Let's split the bill. が主に使われます。

スポンサーリンク

-日常会話, 決まり文句

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.