名言

「意思あるところに道は開ける。」

投稿日:2019年12月10日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

Where there is a will, there is a way.
(意思あるところに道は開ける。)

 

 

使うタイミング

新しい道にチャレンジしようとしている人に向けて。

  

 

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

Nick : I'm leaving the company in a month.
(1ヵ月後に会社を辞めます。)

Micha : I’m going to miss you. Good luck on your new journey.
(寂しくなりますね。新天地での幸運を祈ります。)

Nick : Thank you. Going for my dream job isn't easy.
(ありがとうございます。夢の仕事をするのは簡単ではないですがね。)

Micha : I'm sure you will be fine. Where there is a will, there is a way.
(あなたなら大丈夫ですよ。意思あるところに道は開けますよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、「奴隷解放宣言」で有名な

アメリカ合衆国、第16代大統領を務めたリンカーンの名言です。

   

彼の名言で有名なのは、こちらだと思います。

government of the people, by the people, for the people,
(人民の人民による人民のための政治)

   

でもこの他にも彼は多くの名言を残しており、

その中の一つが今日ご紹介したフレーズです。

   

彼は苦労人で有名です。

貧しい家に生まれましたが、

勉学に励み弁護士になり、

そして、何度も落選を経験して大統領にまで上りつめました。

   

彼の人生は、困難とその克服の連続であり、

だからこそ、今日の名言が重さを持つのかもしれません。

   

以下に彼の略歴を参考までに記します。

・1832年(23歳) : 事業に失敗。

・1832年(23歳) : 州議会選挙に落選。

・1834年(25歳) : 州議会選挙に当選。

・1835年(26歳) : 恋人を亡くす。

・1836年(27歳) : 議長選挙に落選。

・1843年(34歳) : 下院議員に落選。

・1846年(37歳) : 下院議員に当選。

・1848年(39歳) : 再び下院議員に落選。

・1850年(41歳) : 上院議員に落選。

・1856年(47歳) : 副大統領選挙に落選。

・1858年(49歳) : 再び上院議員に落選。

・1861年(52歳) : 大統領に就任。

   

   

YouTube

この記事は、YouTubeから動画で視聴いただけます。

YouTube版では、この記事の内容を日本語と英語で解説しています。

また、英国人ネイティブスピーカーの補足パートも特別に収録しています。

   

   

スポンサーリンク

-名言

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.