日常会話

【246】「Don't leave the door open. ドアを開けたままにしないで。」

投稿日:2020年2月3日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

Don't leave the door open.
(ドアを開けたままにしないで。)

 

 

使うタイミング

ドアを開けっ放しにする人に向けて一言。

  

 

やり取りイメージ

------ At home in winter ------
------(冬の家にて)------

A : This room gets cold. Don't leave the door open.
(この部屋寒くなっちゃう。ドアを開けたままにしないで。)

B : Sorry. I'll be more careful next time.
(ごめん。次から気をつけるよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、日常会話表現です。

   

今年は暖冬と言われていますが、

まだまだ寒いですよね。

   

床暖房なども増えてきましたが、

各部屋にエアコンやストーブなどの暖房器具を設置している

家が日本は多いと思います。

   

せっかく暖めた部屋のドアを開けっ放しにしてしまうと

暖かい空気が逃げてしまいますよね。

   

そんな時、今日のフレーズが使えます。

   

ちなみに、英国の家は「セントラルヒーティング」

という暖房器具が一般的です。

   

建物の中にある一箇所のボイラーで水を暖め、

それを各部屋や廊下にあるに「パネルヒーター」に

送り部屋や廊下を暖めるという仕組みです。

   

基本的にはずっと点けたままにしておきますので、

部屋の中・外関わらず、

家全体がいつも暖かく冬でも快適に過ごせます。

   

ずっと暖房を点けたままにしておくと

電気・ガス代がかかりそうですが、

「点けたり」、「消したり」するよりは、

家全体を常に一定の温度で保つようにしておく方が

意外にも節約につながるためです。

   

英国の冬も冷え込みますので、

外出時などに一回電源を切ってしまって、

一から暖めなおすよりも、

設定温度で維持する方がエネルギー効率がいいようです。

   

<セントラルヒーティングの仕組みイメージ>

   

<パネルヒーターの写真>

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.