ビジネス英語 日常会話

【321】「I’ll jot it down. さっとメモする。」

投稿日:2020年4月18日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

I’ll jot it down.
(さっとメモする。)

 

 

使うタイミング

「手早く書き留める。」

「簡単にメモをする。」

と言いたい時。

  

 

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : You are so creative. Why are you coming up with lots of good ideas?
(あなたって本当にクリエイティブだよね。どうして良いアイデアがどんどん思いつくの?)

B : I am always thinking about something interesting. I carry a notebook so that I can jot it down every time I come up with any ideas.
(いつも何か面白いことはないか考えてるよ。いつもノートを持ち歩いていて、何かアイデアが浮かんだらすぐに書き留めてるんだ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

日常生活やビジネスで、

新しいアイデアが浮かんだ時、

電話番号やメールアドレスを聞いた時、

仕事の電話内容を忘れないように残しておきたい時、

メモ用紙やノートにさっと書き留めることってありませんか?

      

そんな時、今日のフレーズが使えます。

   

今日のフレーズのポイントは「jot down」です。

   

「jot down」は、

じっくりと長い時間メモを取るというニュアンスではなく、

「さっと素早く簡潔にメモを取る」という

意味合いの表現になります。

   

jot down【句動詞】:さっとメモを取る、手早く書き留める

jot【動詞】:書き留める

   

参考までに「jot down」の意味を英英辞典でひくと

次の通りに解説しています。

   

to write something quickly on a piece of paper so that you remember it:
(忘れないように手早く何かを紙切れに書き留めておくこと。)

参照:Cambridge Dictionary

   

なお、「メモをした。」と過去形で言いたい時は、

「I jotted it down.」になります。

   

最後に参考までに、

ノートなどにじっくりと「メモを取る」

という意味の一般的な言い方としては

次の表現が挙げられます。

   

「take notes」

「note down」

「take a note of 〜」

「make a note of 〜」

   

使用例)

Please take notes.
(メモをとってください。)

I will note it down.
(それをメモします。)

I will take a note of your name and phone number.
(あなたの名前と電話番号をメモするね。)

   

スポンサーリンク

-ビジネス英語, 日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.