英国特有表現

【365】「Brilliant! 素晴らしい!」

投稿日:2020年6月1日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

Brilliant!
(素晴らしい!)

  

 

やり取りイメージ

------ Face masks ------
------(マスクについて)------

A :  That looks very good fit around your mouth and nose. Can you breath okay?
(鼻と口周りしっかりフィットしているね。ちゃんと息できるの?)

B : Yes, I can. Same as usual. No difference.
(できるよ。いつもと同じ感じで。違いはないよ。)

A : Oh, brilliant!
(素晴らしい!)

  

  

〜 Tea Break 〜

「すごいね!」「素晴らしい!」と言いたいとき、

イギリス人は今日のフレーズを好んで使います。

   

会話の中でカジュアルな感じで

何かを褒めたいときや

何かに賛同の意を伝えたいとき

アメリカ英語だと「Great!」となるところ、

イギリス英語だと「Brilliant!」が使わる機会が多いです。

   

※もちろんイギリス人も「Great!」を使います。

   

「Brilliant」【形容詞】:(宝石が)光り輝く、(色が)鮮明な、見事な、素晴らしい、とてもいい、華々しい

【発音】: bríljənt | ブリリアントゥ

   

「Brilliant」を英英辞典でひいてみると

次のとおり簡潔に説明されています。

   

very good
(とても良い)

参照:Cambridge Dictionary

(そのままですね笑)

    

使われ方の例をあげるとこんな感じです。

   

This is a brilliant book.
(この本はとても読みがいがある。)

I think that’s a brilliant idea!
(それは素晴らしい考えだと思う。)

He’s got a brilliant sense of humor.
(彼は素晴らしいユーモアのセンスがある。)

Oh, brilliant ! My order has just arrived.
(素晴らしい!頼んでた物がちょうど到着した。)

Did you like the restaurant? - I thought it was brilliant.
(あのレストラン好きだった? - 私は素敵だと思ったよ。)

   

今後、「Great!」と言う代わりに、

「Brilliant!」を使ってみるのはどうでしょうか?

   

「That’s a brilliant idea!」
(それは素晴らしいアイデアですね!)

   

ではまた!

   

追伸

本日でこのブログを始めてから1年が経ちました。

初めての試みでしたが、読者のみなさま、ありがとうございます。

私自身もさらに勉強して、

お役に立てる情報をシェアできればと思いますので、

これからもよろしくお願いします。

   

スポンサーリンク

-英国特有表現

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.