日常会話

【462】「不思議だ。 Go figure.」

投稿日:2020年9月6日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

Go figure.
(不思議だ。)

   

    

やり取りイメージ

------ At a cafe ------
------(カフェにて)------

A : Jane broke up with Mike.
(マイク、ジェーンと別れたらしいよ。)

B : Really? They were very close.
(本当?あんなに仲良かったのに。)

A : Go figure.
(不思議だね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

世の中、不思議なこと、

不可解なことってありますよね。

   

例えば、授業中よく寝てるのに

テストの点数はいつも学年一番の人や、

遊んでばかりでいつ仕事しているのかわからないのに、

トップセールスマンの人

なんでそうなの?って不思議ですよね。

   

他にも、昔、外国人のお笑い芸人、

厚切りジェイソンが、

日本の漢数字について

1は、棒が一本で「一」

2は、棒が二本で「二」

3は、棒が三本で「三」

なのになぜ4は「四」で、棒が4本ではないのか?

「Why Japanese people!!??」という

ギャグがありました。

   

まさにこんな感じで、

不思議だ、不可解だって言いたいとき、

今日のフレーズが使えます。

    

Go figure.【イディオム】:不思議だ、不可解だ、奇妙だ、何ということだ、訳がわからない。

    

「Go figure」を英英辞典でひいてみると

このように解説されています。

    

used when you tell someone a fact and you then want to say that the fact is surprising, strange or stupid
(誰かに事実を伝え、その事実が驚きだったとか、不思議だったとか、馬鹿げていたと言いたいときに使われる。)

参照:Cambridge Dictionary

    

例文はこんな感じです。

    

After losing their first five games, they won the next ten. Go figure.
(最初の5連敗した後、10連勝した。不思議だな。)

   

The car wouldn't start yesterday no matter what I did, but today it works just fine. Go figure.
(何をしても全くエンジンがかからなかった車が、今日は普通に動いた。不思議だ。)

   

She was angry an hour ago but now she is very happy. Go figure.
(1時間前、彼女は怒っていたが、今はとてもハッピーだ。なぜなんだろう。)

    

このように、何かの状況が信じられないとき、

なぜそうなるのか理由が理解できないとき、

今日のフレーズが使えます。

   

「Go figure.」を使う型としては、

次の通りです。

    

「なんらかの事実」

→(その事実が不可解なとき)「Go figure.」

    

つまり、なんらかの事実を述べた後に

その事実が「不思議だ」、「不可解だ」、「いくら考えてもわからない」

と言いたいとき、「Go figure.」を最後に言います。

    

今日のフレーズ「Go figure.」は、

カジュアル(インフォーマル)な表現ですが、

ネイティブは会話の中で普通に使ってきます。

   

簡単な単語の組み合わせですが、

意味を知らないと音は聞き取れても、

何を言いたいのかわからないので、

「Go figure.」を覚えてしまうのが近道です。

     

    

    

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.