ビジネス英語

【487】「ランチおごるよ。 Lunch is on me.」

投稿日:2020年10月1日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

Lunch is on me.
(ランチおごるよ。)

  

 

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : Thank you for your help.
(ヘルプありがとね。)

B : It’s my pleasure.
(どういたしまして。)

A : Lunch is on me.
(ランチおごるよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

イギリスでまだオフィスに出社してた頃、

同僚のイギリス人に私が書いた英文を

添削してもらったことがありました。

    

会社の仕事とは関係ありませんでしたが、

快く引き受けてくれたので、

お礼に日本食のランチをおごったら

ものすごく喜んでくれ

私も幸せな気持ちになりました。

    

夕食だとお互い予定があったり、

同僚同士だとヘビーな感じになったりするので、

私は同僚とは1時間以内の軽いランチに行く方が好きです。

    

さて、今日のフレーズは、

「ランチおごるよ。」と言いたいとき

さらっと言えるとかっこいい言い回しです。

    

「Lunch is on me.」
(ランチおごるよ。)

     

「〇〇 is on me.」で

「〇〇をおごるよ。」

という意味になります。

    

なので、「Lunch is on me.」以外にも

こんな感じで使えます。

    

Dinner is on me.
(夕食おごるよ。)

    

It’s on me.
(おごるよ。)

    

This drink is on me.
(この飲み物おごるよ。)

     

The coffee is on me.
(コーヒー、私のおごりね。)

     

なお、「〇〇 is on the house」とすると、

「〇〇は店のおごりです。」という意味になります。

    

It’s on the house.
(こちら店からです。)(店のおごりです。)

     

参考までに、「〇〇 is on me。」以外の

「おごるよ」というフレーズはこんなものがあります。

    

「I will buy you lunch.」
(ランチおごるよ。)

     

「I will treat you.」
(おごるよ。)

「I will treat you to lunch.」
(ランチおごるよ。)

    

「It’s my treat.」
(ここは私のおごりね。)

    

I will cover you.
(ここは私が払うよ。)

    

「おごるよ。」は、

いろいろな表現の仕方がありますが、

まずは今日のフレーズ「Lunch is on me.」を

さっと言えるようにしておくと素敵ですよ!

     

     

    

     

スポンサーリンク

-ビジネス英語

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.