英国特有表現

【491】「Wi-Fiにつながった。 I’ve got Wi-Fi connection.」

投稿日:2020年10月5日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

I’ve got Wi-Fi connection.
(Wi-Fiにつながった。)

  

 

やり取りイメージ

------ At a cafe ------
------(カフェにて)------

A : Can I have the Wi-Fi password? 
(Wi-Fiのパスワード教えてもらえますか?)

B :  Ohh it's free. Just connect with your device to it.
(あ、無料ですよ。ただ繋ぐだけで使えます。)

A : Okay. Let’s see... Yes, I've got Wi-Fi connection.
(そうですか。ちょっと待ってくださいね、、あ、Wi-Fiつながりました。)

  

  

〜 Tea Break 〜

だいぶ昔になりますが、イギリスに来て驚いたことは、カフェやレストラン、デパートなどで無料のWi-Fiが使えたことです。

     

当時の日本は、そこまで商業施設にWi-Fiが普及していなかったので、感動したことを覚えています。

    

また、日本では、Wi-Fiの電波が弱かったり、時間制限を設けている店も多いですが、イギリスのWi-Fiは電波が強く、時間制限もないので、一回店に入ると店にいる限り使い放題です。

    

電波が強くて安定しているので、あるレストランの上の階に住んでいる知人は、自宅でそのレストランのWi-Fiにつないでインターネットをすることができるくらいです。

     

今日のフレーズは、日常会話でもビジネスシーンでも使える表現です。

    

Wi-Fiに接続しようとして、ようやくつながったときに使える言い回しです。

      

「I’ve got Wi-Fi connection.」
(Wi-Fiにつながった。)

(Wi-Fiにつながっている。)

     

イギリス英語は、「I have 〜」(〜を持っている。)の代わりに、「I have got 〜」、「I’ve got 〜」を好んで用います。

    

イギリス人と話しているとこの「have got 〜」が本当によく出てきます。

    

特に「I’ve got 〜」や「Have you got 〜?」は耳にすることが多いです。

     

例えば、こんな感じです。

    

「I have a new laptop.」=「I’ve got a new laptop.」
(新しいノートパソコンを持っている。)

     

「I have a headache.」=「I’ve got a headache.」
(頭が痛い。)

      

「Do you have any questions?」=「Have you got any questions?」
(何か質問ありますか?)

     

「Do you have any brothers or sisters?」=「Have you got any brothers or sisters?」
(兄弟・姉妹はいるの?)

     

なお、「I have got to 〜」、「I’ve got to 〜」は「I have to 〜」(〜しなければならない。)と同じ意味になります。

     

「I have to go.」=「I’ve got to go.」
(もう行かないといけない。)

     

「I have to study more.」=「I’ve got to study more.」
(もっと勉強しないといけない。)

     

「have」=「have got」はイギリス英語の基本の基なので、自分のものにしておくと必ず役に立ちますよ!

    

参考までに今日のフレーズに似た「Wi-Fi」について取り上げた以前の記事はこちらです。

     

        

スポンサーリンク

-英国特有表現

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.