英国特有表現

【519】「ちょっと悪いんだけど、 I know I’m being cheeky but 」

投稿日:2020年11月2日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

I know I’m being cheeky but
(ちょっと悪いんだけど、)

  

 

やり取りイメージ

------ At home ------
------(家にて)------

A : I know I’m being cheeky but can you get me a coke from the fridge?
(ちょっと悪いんだけど、冷蔵庫からコーラ取ってきてくれない?)

B : Ok, but you could easily get it yourself.
(いいよ、でも自分でも取れるよね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

イギリス人と会話したり、イギリス英語を学ばれている方は、

「cheeky」という英単語を一度は耳にしたことがあるかと思います。

    

「cheeky」はいろいろな場面で出てきますが、

今日のフレーズの場合、

家族や兄弟・姉妹、友人に対して、

自分でもできるってわかっているけど、

何かを依頼したいときに使います。

    

I know I’m being cheeky but
(ちょっと悪いんだけど、)

基本的には、このフレーズの後に、

依頼したい内容を言います。

    

例えば、今日のやりとりイメージだと、

「can you get me a coke from the fridge?」

といった具合です。

    

まとめると、何か自分でできるってわかっているけど

誰かにちょっと頼みたいとき使える型として、

「I know I’m being cheeky but can you 〜 ?」

を覚えておくと役に立ちます。

      

なお、「cheeky」の意味はこんな感じです。

     

「cheeky」【形容詞】:生意気な、厚かましい、ずうずうしい

【発音】: tʃíːki | チーキィ

     

英英辞典だとこのように載っています。

     

slightly rude or showing no respect, but often in a funny way

参照:Cambridge Dictionary

     

今日のフレーズの以外にもこんな風に使えます。

     

Don't be so cheeky!
(そんなに生意気なことを言うんじゃない!)

     

He is really cheeky to his manager.
(彼は上司に対して厚かましい態度をとる。)

    

It’s a bit cheeky.
(ちょっとずうずうしい。)

     

「cheeky」はイギリス英語の口語表現ですので、家族、友人には使えますが、ビジネスでは使わないのでご注意ください!

    

あらためて、今日のフレーズは、

I know I’m being cheeky but
(ちょっと悪いんだけど、)

でした。

    

では、良い一週間を!

     

      

      

      

 

スポンサーリンク

-英国特有表現

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.