英国特有表現

【552】「休暇で出かけるとき、朝早く起きるのは苦にならない。 It’s not a problem getting up bright and early when it’s to go on holiday.」

投稿日:

  

  

今日のフレーズ

It’s not a problem getting up bright and early when it’s to go on holiday.
(休暇で出かけるとき、朝早く起きるのは苦にならない。)

  

 

やり取りイメージ

------ At home ------
------(家にて)------

A : I’m going to have to get up two hours earlier than usual tomorrow.
(明日はいつもより2時間早く起きないと。)

B : Oh yeah you’ve got an early flight to Spain haven’t you?
(明日は朝、スペイン行きのフライトがあるもんね。)

A : Yeah, it’s not a problem getting up bright and early when it’s to go on holiday.
(うん、休暇で出かけるとき、朝早く起きるのは全く苦にならないよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

子供のとき、次の日楽しみなイベントがあるとき、なかなか寝付けなかったり、早く起きちゃうことってありませんでしたか?

    

大人になった今でも、翌朝から休暇で旅行に行くとか、遊びに行く予定があると、それが朝早く起きなきゃいけないときでも、苦にならず起きれますよね。

     

今日のフレーズはそんな状況を英語で表現したものです。

     

It’s not a problem getting up bright and early when it’s to go on holiday.
(休暇で出かけるとき、朝早く起きるのは苦にならない。)

     

今日のフレーズのポイントは2つあります。

     

1つ目は、「bright and early」です。

     

「bright and early」:早朝に、朝早くに

       

「bright」は「明るい、輝く、あざやかな」という意味があり、「bright and early」で「太陽が輝く朝早く」っていうニュアンスになります。

     

2つ目のポイントは、「go on holiday」です。

    

「go on holiday」:休暇で出掛ける、旅行する

    

注意点は、「go on a holiday」と「a」が入らず、常に「go on holiday」となるところです。

   

なお、「go on holiday」はイギリス英語です。

     

アメリカ英語では「go on vacation」を使うことが多いです。

     

あらためて今日のフレーズは、

It’s not a problem getting up bright and early when it’s to go on holiday.
(休暇で出かけるとき、朝早く起きるのは苦にならない。)

でした。

     

     

     

      

スポンサーリンク

-英国特有表現

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.