日常会話

【561】「理解できない。/飲み込めない。 I can’t take it in.」

投稿日:2020年12月14日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

I can’t take it in.
(理解できない。/飲み込めない。)

  

     

やり取りイメージ

------ At the end of the long working days------
------(長い仕事の日の終わりに)------

A : I need to go home now because I can’t take this in.
(もう家帰った方が良さそうだ、あなたが言ってること頭に入ってこないよ。)

B : Yeah, you’ve been working on this since after lunch.
(そうだね、お昼以降ずっとこの仕事してるもんね。)

A : Yeah definitely, time to go home.
(そうだね、帰宅するよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

仕事をしていると午前中はスッキリとしている脳が、夕方、夜になるとだんだん働かなくなってくることありませんか?

     

遅い時間になればなるほど、相手の話を聞いていても、頭に全然入ってこない、理解できないってことが増えてきますよね。

      

今日のフレーズは、「相手の言っていることが理解できない。」って言うときに使う言い回しです。

     

I can’t take it in.
(理解できない。/飲み込めない。)

      

ポイントは、「take it in」です。

    

「take something in」:全てを理解する。飲み込む。

     

英英辞典ではこのように載っています。

       

to understand completely the meaning or importance of something
(何かの重要性や意味について完理解すること。)

参照:Cambridge Dictionary

    

今日のフレーズ以外の例文はこんな感じです。

       

I had to read the email twice before I could take it all in.
(メールの内容を全て理解するために2回読まなければならなかった。)

      

It was an interesting book, but there was too much to take in at once.
(とても興味深い本だったけど、一回で全てを理解するには内容が濃すぎた。)

       

He was telling me she was dead, and I couldn’t take it in.
(彼から彼女が亡くなったことを聞かされたが、その事実を飲み込めなかった。)

       

参考までに、ネイティブに今日のフレーズ「I can’t take it in.」を別の英語で言うと何て言うか聞いてみたところ、こう言われました。

     

「I cant’t take it in.」=「I can’t understand what you are saying.」(あなたの言っていることが理解できない。)

     

こんな感じでネイティブの解説を聞くと、英語の意味が更に鮮明に理解できますよね。

      

あらためて今日のフレーズは、

I can’t take it in.
(理解できない。/飲み込めない。)

でした。

      

     

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.