日常会話

【605】「その上着とズボンあってるね。 The top goes well with those trousers.」

投稿日:2021年1月27日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

The top goes well with those trousers.
(その上着とズボンあってるね。)

  

     

やり取りイメージ

------ New clothes ------
------(新しい服)------

A : I’ve just bought a new top. Do you like it?
(新しい上着買ったんだ。どう?)

B : Yeah it goes well with those trousers.
(いいね、ズボンとよくあってるよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

ロンドンの冬は寒くて、そして日が短いので、ドヨーンとした気持ちになりがちです。

     

ロックダウン中や外出自粛中は、ステイホームが多くなりがちですが、出かけるときはオシャレをしてファッションを楽しみたいですよね。

     

今日のフレーズは、ファッションなどでも使える一言で、何かと何かが「あっている(マッチしている)」と言いたいときに使える表現です。

     

The top goes well with those trousers.
(その上着とズボンあってるね。)

     

今日のフレーズのポイントは3つあります。

     

1つ目は「top」です。

      

「top」は「上着」という意味です。

     

「top」=「上着」は。Tシャツや長袖、ワイシャツ、セーター、トレーナーなど上半身に着用する洋服すべてを指す英単語です。

      

2つ目のポイントは「trousers」です。

     

「trousers」【名詞】: ズボン

【発音】: tráuzəz | トゥラウザズ

      

アメリカ英語だとズボンのことを「pants」(パンツ)と言いますが、イギリス英語だと「pants」は主に「男性用の下着」を指します。

       

間違えやすいポイントとして、「trousers」=「ズボン」は一着でも常に複数形になりますので、ご注意を!

      

3つ目のポイントは、「A go well with B」です。

     

「A go well with B」
(AとBは合っている。)
(AとBはマッチしている。)

      

今日のフレーズ以外にも例えばこんな使い方ができます。

      

Those shoes go well with those trousers.
(その靴とズボン合っているね。)

      

This dish goes well with red wine.
(この料理は赤ワインとよく合う。)

      

Do those trousers go well with the top?
(このズボン、この上着と合ってるかな?)

      

ということで、あらためて今日のフレーズは、

The top goes well with those trousers.
(その上着とズボンあってるね。)

でした。

     

     

       

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.